2010年06月20日

ノアザミ(野薊)


 写真を始めて、花をよく見るようになりました。
今日の ノアザミ もそおひとつです。



この季節にはよく見かけるお花なのですが、
それまではチクチクと痛いイメージ位しかなくて(笑)


ノアザミと向きあったのは今回が初めてでした(゜∀゜)

野薊 と漢字で書くのですね〜
結構、可愛く撮れたのでペッタンしてみましたw




まずはこのお花のPRから♪
ノアザミは春から初夏のかけて咲く高さ0.5〜1メートルのお花です。

花の色は紅紫色で、白もあるらしいです。
花期は5〜8月、キク科のアザミ属・・・・
山野に自生する多年草でアザミの仲間では一番早く花が咲くとの事です。



葉にトゲがありチクチク(--

花が美しいが、鋭い刺があるので驚く=あざむ

だから あざみ というのが名前の由来だそうですww



根を乾燥させて神経痛の治療・利尿・健胃などに用いられる
薬草でもあるのですね。




そんなチクチク攻撃に注意しながら、272Eでじっくりと
撮ってきましたw

他にもFA135でも撮りました〜♪
ではどうぞ〜ヾ( ̄∇ ̄





まずは272Eからで〜す。




『野薊』
K20D 272E

K20D TAMRON 90mmF2.8 Macro(272E) [ F4.5 1/90 ISO100 ±0EV]



近くで見ると、ピンクの芝刈り君みたいな感じw



『芝刈り君ww』
K20D 272E

K20D TAMRON 90mmF2.8 Macro(272E) [ F2.8 1/180 ISO100 -0.5EV]


雨あがりでしたので、雫も撮れました。
チクチク攻撃を受けてます(笑)

こっそりと 花と水滴 の連動企画に参加しちゃったww

撮れた雫はこれ1枚デス(゚ー゚*



『野あざみの雫』
K20D 272E

K20D TAMRON 90mmF2.8 Macro(272E) [ F4 1/180 ISO100 ±0EV]




次はFA135です。
272Eとは違う切り撮り方で撮ってみましたw



群生しているノアザミでしたので、近付きたくなかったのも
事実です  ̄ε ̄





『6月の山野』
K20D FA135

K20D FA135mmF2.8 [ F6.7 1/90 ISO100 ±0EV]



このFA135で撮ったノアザミが一番の私のお気に入りデスw
薄い紫色がすごく綺麗でした♪
大好きなハイキー撮りを炸裂させました〜ww




『紅紫色』
K20D FA135

K20D FA135mmF2.8 [ F2.8 1/250 ISO100 ±0EV]





『japonicum』
K20D FA135

K20D FA135mmF2.8 [ F4 1/250 ISO100 -0.5EV]



偶然のお散歩写真で撮った今回のノアザミ・・・・。

これを撮る目的だった訳ではなかったのですが、
結構楽しかった私でした(≧v≦ww 


ラベル:272E FA135
posted by キラリ。 at 00:14| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。